A

「薄い色の靴だと、濡れたところと濡れていないところの境目がはっきりついてしまうことが多いです。そのため境目をぼかすために、まず固くしぼったタオルで水拭き。その後、靴用のクリーム(ニュートラルクリームなどの透明っぽい色が万能でおすすめ)を塗り、油分を補うようにします。これはお風呂上りに何もつけないと肌がつっぱり乾燥してしまうのと一緒 。靴のひび割れ対策に必ず行ってください」

また、臭い対策も万全に。「まずは靴の水分を吸収します。使用後すぐに処分できる新聞紙が便利でおすすめですが、なければタオルでも構いません。そして、ある程度乾いたら悪臭が出ないよう殺菌します。ひとつめの方法はドライヤーの熱風を当てる熱殺菌 。ふたつめの方法は除菌剤で拭く というもの。お薦めの除菌剤は“AAS”。この除菌剤は、従来のように毒で殺菌する方法とは異なり、“菌を無酸素状態に陥らせ死滅させる”という殺菌方法を採用しています。そのため、人に対して毒性がまったくないのに700種類の菌に対して効果を発揮するという優れものです。実際に、1,000店以上のクリーニング屋さんでも採用されていて、靴だけでなく洋服にも使用可能。これで、あの嫌な臭いはしないはずです」